This is ENGLAND

・『ジュリー&ジュリア』

『Sleepless in Seatle』の電話、『ユー・ガット・メール』に引き続き、
メディア好きのノーラ・エフロンらしく今回は「ブログ」が大切な役割を果たす映画。
エイミー・アダムスも、メリル・ストリープも作品選びに間違いがない。
メリル・ストリープの旦那役にスティーブン・トゥッチ!
(好きな俳優って聞かれたら、トゥッチって答えたい)

ジュリーと本物のジュリアの関係が
実はすれ違いであることを描くのが、シニカルさがあらわれているのだろう。


・アラフォー女子8人飲み会

業界勉強会と評し、忘年会。
「「○○」って俳優のことを語る時だけ、私は色気があるって言われるの~」
とか、30代女子パワーに圧倒される。強い。

自分だって、たぶんイケメンは好きなんだと思う。
ただ、自分を笑いのめすぐらいの滑稽さをイケメンにも求めてるのかも知れない。
その点、アッシュトン・カッチャーは美しいうえに、おバカで最高だとは思う。
でも、この人は自分で社長とかやっていて、本当は油断がならないけれど。



・SMAP好きの友達が年末のTVガイド誌の表紙が少なくなったと嘆いていた。
そのあと、小さなクラブに行くと、
DJをやってるはずの知り合いもいず(電話したらまだ会社にいた、夜中の2時に!)
アウェイ過ぎて2人で滞在時間たった15分。ちょっと飲んで、解散。


・『ダーティ・メリー クレイジー・ラリー』

おもろい。カークラッシュもの。
[PR]
by thora | 2009-12-22 00:17 | 雑記
<< Public Enemies Zooey Deschanel... >>