パンサー

・「プリンセスと魔法のキス」
初日(土曜)の夜にガラガラ。これは早く見に行くべし。
見てる最中に、ため息が出てくるぐらい面白い。

黒人のプリンセスにもちゃんと理由が出てくるし、
古き良きディズニーと、新しいヒロイン像をきちんと融合させているし。
バッドガイや動物の愉快な仲間たち型どおりの面白さがさく裂する。

なんといっても歌が良い!
どれもいいが、
特にオプラの歌の場面は視覚的にも聴覚的にも最高!!

・「ハートロッカー」
アカデミー賞は納得。
見終わった後に、旅行から帰ってきた感覚に近い、
日常に対しての強烈な違和感を感じさせられた。
それぐらい濃いい映画。

・「グラントリノ」

二度目の観賞。
思ったよりは泣かず。

・The Dead Weatherのライブが近づいている!!
自分が一番好きな洋楽アーティストはJack White。
(The White StripesとThe Raconterus、Dead Weatherというバンドを主催してる人です)
成孔と同じでワーカホリック気味な人。


日本に来るのは何年ぶりだろうー。
07年7月のラカンターズぶりなら、3年ぶりか。
本当なら、Meg Whiteといっしょに来てくれよ~、って感じだけど、
来てくれるだけでもありがたいのか。

前回はステッキもって、渋谷をうろついていたらしい。似合いすぎ。
唯一本人に会ってみたい人。
アメリカ中西部の人なので、
会っても何言ってるかわかんないだろうな~。


・Perfume遠征迷い中。でも、やっぱ行こうかな。
OWL CITYはデスキャブみたいだな。
4月のPavementのライブ行けるのだろうか、不安。
capsuleとOK GO、Hot ChipのCDをポチっとしたい気分。
東京事変・クレイジーケン・Tokyo No1~・スチャのベストはレンタルで。
もうじき、Zooeyのバンドのアルバム発売日でもある。

・4月は相対性理論・トクマル君・Perfumeシングル発売。
トクマルシュ―ゴのトップ・ランナーはすごかった。
MCのSHIHOと籔内さんは確実に引いてた。


アーティストっぽい人だった。この人がNYで活躍してたなんてすごい。
Beirutとかみたいな感じ??

・どのファッション誌見ても、やつらが載っている。
JJに始まり、今やFUDGEやnonnoまで。
全方位に受けてる、と力説されても、さっぱり興味が持てなかったりして。

07年ごろ、友達の職場のパートのおばちゃんたちが目茶目茶はまっていて、
なぜか友達の家に行ったら、おばちゃんから押し付けられたという「うちわ」とかCDがいっぱいあった。
09年ごろからテレビ露出が突然増えて、
気がつけば周りの友人(20代)がはまっている!

この流行りばっかりは、
老→若に下ってきたという印象が。

ミューマガにも書いてあったが、
向こうが日本のマーケットをすごい狙いうちして猛攻撃していることは間違えなく、
日本人にはないアグレッシブさだよね~。と思う。

そして、マーケティングされること・狙い撃ちされることになんか恐怖を感じるので、
できれば避けたい・逃れたい。


・「シャーロックホームズ」も早く行きたいし、
「フローズンリバー」行きたかったけど。
[PR]
by thora | 2010-03-13 14:10 | 雑記
<< Everybody's... Fierce! >>