Perfume 東京ドームライブ

11月3日 Perfume 東京ドームライブ 1234567891011

トライアングルツアーより全然面白かったなー。
武道館とか代々木とか、こういう単発的なライブが面白いのは、
なんでなんだろう。


予想は見事に外れ(それも楽しい)
「シークレット・シークレット」で始まる。
衣装は黒に蛍光黄色やピンク?の模様が光る衣装。

しかし、まぁ遠いなぁ、
と思いつつ、「不自然なガール」
そして、「GAME」へと続く。

で、MC。
見事ソールドアウトした今回のドーム公演。
5万人ものを観客を目の前にしても、
「原宿アストロホール、クアトロとも変らない気持ちでやっていくだけ」
とあーちゃん、かっこいい!


そして、「ちょっと恋、ラブリーな曲をやりますよー」と、
花道の長さを生かした「ナチュラル~」、「love the world」「I Still Love You」
(相変わらずのあーちゃんのウィンク、かわいいー)
そして、「575」。残念ながら、ラップは流れてたなぁ。
微動だにしなくてちょっと残念。


そして、
「Perfumeの掟」。
あまりのゴリゴリ、ハードなエレクトロと、
画像にここはどこ?ここはオールナイトフジ?と、
Perfumeのライブではない感じで格好良かった。

そして、
恒例のダンスシーン。
それぞれが生年月日を入れて入力して、
認証して動く、というロボットめいた姿が!!
自分がPerfumeが好きなのはこういうコンセプトがきちっと、
定められてるところなのかなぁ、と思った。


からの「VOICE」の曲順はすごく良かった。
後ろに流れていた、NHKの「にほんごであそぼ」的なレトロな画像が気になる。
そして、「コンピューターシティ」!!!!
これだよ、これと。
そして、「エレクトロワールド」に続くと、
悲鳴が上がる。盛り上がった。

~MC~

そして、変らない「パーフェト~」「Dream Fighter」とか、
鉄板の並び。





(続く)











→定番エンディングの「wonder2」「願い」もいい曲なんだが、
悲しすぎるんだ、と思ってたけど、
「この曲でチャンスをつかむことができました。11年目もそういう年でありたい」
と、「ポリリズム」で終わる、というこれまでにない終わり方


・途中のインスト「Perfumeの掟」は中田ヤスタカが製作
[PR]
by thora | 2010-11-04 09:07 | ライブレポ
<< ぼんやり ドームだよーー >>