ファンタスティック Mr.FOX/トゥルー・グリット/オスカー・ワオ


ファンタスティック Mr.FOX



ウェス・アンダーソンの映画って考えてみれば、
ストップ・モーション・アニメとかみたいな。

ここ最近の彼の作品のなかで一番面白かったかな。


トゥルー・グリット


マティがかっこいい。


ジュノ・ディアス
「オスカー・ワオの短く凄まじい人生」

童貞青年オスカー+彼のゴスな姉+と、その元彼氏+姉弟の母親+祖母の話。

わたし、まったくマルケスやらの南米文学を通らず、
最近の南米文学のみを読んでいるのだが、
物語のパワーが凄まじいね。

出だしを、
都甲幸治さん×岸本佐知子さんのトークショーで、
都甲さんが発売前の本書の出だしを読み上げてくれるのを
聞いたのだけれども、

南米に通ずる「フク」という呪いの話は、
まるで、オタクの人からババババババーって、
突然知識を浴びせかけられているような錯覚に陥りましたw
すさまじいエネルギー量が放出されてる気がしました。
そして、それが失速しない。

そして、
そういう(おそらく)伝統的南米文学の物語の枠組みに、
「AKIRA」などの日本アニメとかスターウォーズとか映画のオタク知識が
からんでくるあたりが面白い~。

オスカー・ワオの短く凄まじい人生

ジュノ ディアス / 新潮社




■山崎まどか
「イノセント・ガールズ」

日本ではあまり知られないアメリカのセレブリティ・有名人20人を紹介するエッセイ。
人選が相変わらず、とがっていて素敵だ。(永遠にこの域には達せないだろうな、と同時に思う)
この20人が単にお金持ちで美人なセレブ、ってじゃないところが大事。
で、ピュアであるがゆえに、悲しすぎる人生を送った人が多いので、
読んでて本当キュンとしますね。。
少女性を保ったまま生きるのって難しい。



イノセント・ガールズ 20人の最低で最高の人生

山崎 まどか / アスペクト


[PR]
by thora | 2011-03-21 13:02 | 映画
<< 90年代 地震(震度5)の経験 >>