FUJIROCK 備忘録

(総括)

音楽以外に、なぜかいろんな波乱があったが、ひと言でまとめちゃえば、
「楽しかった」のだけれども、極度の疲労状態に。
にしても、行く年ごとに前年を上回る強烈な出来事が起きる不思議な場所です。
(何気に通算4回目だった)
今年はきちんと山用のレインパーカーを買ったから、
きちんと雨をはじいてくれるし、暖かったし装備はばっちりだった。
来年いくとしたら、徒歩圏内の宿に泊まりたいな。。。

c0071920_10314979.jpg


●1日目
c0071920_13451888.jpg時間に間に合わず、
日本ロック界の王子・毛皮のマリーズの志摩君に会うことができず、、残念。
さらに、予想よりもはるかに人が多く、ギリギリの時間で駆け込むー。
Noah and the whale(@Field of Heaven)の予想通り、素晴らしいステージ。
DEERHOOF(@Red Marquee)の意外と骨太のロックにびっくりしつつ、
お目当てのArctic Monkeys(@Green Stage)の相変わらずの無愛想な態度&演奏スタイルで、きゅーんとなり、CSS(@White Stage)。相変わらず、ZipperガールなLovefoxx。ファーストの曲とセカンドの曲しか知らず、サードの曲は盛り上がりにかけてしまう。Coldplayはなーー(自重)。


●2日目 ←ポイント、ここの日
c0071920_17362061.jpg友人の大好きなPatrick Stampに向かう途中、津田さんに会う。なぜか、Green Stage→White Stageをともに移動。その後は、しばらく、ぼっーとなってしまい、パトリックに集中できず、途中参加の友人との再会も、なぁなぁになりつつ、BEST COAST(@Red Marquee)。3.11で中止になった単独ライブとかを非常に無念に思ってたので、心底うれしくなる。ぺサニーちゃん、かわいい。BATTLESを名曲「ATLAS」まで鑑賞後は、オレンジコートの菊地成孔!トレンチコード姿がかっこいい。しかし、演奏時間短い!そして、ドット・ラングレン(@Field of Heaven)。あまり集中できず。宿に帰っちゃう。最初からいっしょにいた友人と別れる。しんみりするはずが、なぜか別の集団に絡まれたまま別れる。その後、少し飲んだ後に、映画『ハングオーバー』的事件発生。明け方銭湯に入って部屋に戻ってみると、友人のひとりがエレベーター前で、もう一人はマッサージチェアで爆睡していた珍事。二人とも記憶はないらしい。酔ってお風呂に入るのはやめましょう。

●3日目
c0071920_17445612.jpg朝、駆け込みでトクマルシューゴ(@White Stage)!ここでまた友人に遭遇。トクマルシューゴのあまりのドリーミーなMCっぷりに、女子の観客が萌えまくっていた。同じく。彼の頭のなかが知りたい。あとは、もうまったりカフェみたいなところで時間つぶし。半年ぶり?ぐらいに話しこむ。TINARIWENとコーナーショップを音で楽しむ(@Field of Heaven)。YMO。いいなーと思いつつ、切り上げて、CAKE(@White Stage)。とても素晴らしく、WILCO。単独のほうが良かったなー、という感が否めなかった。The MUSIC(@Green Stage)をちらりと見て、さようなら。ちなみに、飲み会は中止。


●番外編   釣り

時間つぶしに釣り。
虫を刺して、針の先につけるという、無情な所業をせねばならず辛い。
さらに釣れた魚を押さえつけて、針を取ってあげる、とかも辛い。
が、つりざおに魚がかかった瞬間はすごい楽しいのでした。
よく釣れた。
[PR]
by thora | 2011-08-07 02:50 | ライブレポ
<< Best Coast 『Our... FUJIROCK >>