VJ真似ごと。


かねてから、
楽しみのイベントでした。


c0071920_1240048.jpg


自分がつくづく学園というか、コメディ一派なことを大実感。
VJ(Video Jockey)ごっこ(自分の好きな映像を流してしゃべる)楽しそうだった。
大学の映画教えてくれる先生って、
ちょっとVJみたいだったね。

授業で自分自身も何回かやったことあるなー。
ということで、動画を4つほど。
もう6年ぐらい前のことなので、青くさいラインナップですが,,,

と、思ったけど、かの有名な「トレインスポッティング」の最大に汚シーンをみせて、
みんなにキモがられるという愚行を行ったので自主規制。




2つ目は、映画「スタンドバイミー」。
リバー・フェニックスの名演を見せたいところだけれども、
字幕ないといまいちなので、かわいいシーン。




3つ目は、
音楽の授業だったので、大大大好きなグレアム(とかいって、このPVだけだけどw)。
灰色パーカー、黒ぶちとか何もかも完璧。
丈が短くて背中が見えるのだけが気になるが、目をつぶる!



最後は、お猿さんの曲。
この歌、本当盛り上がるし、これもう聞くだけでクゥ~っとなっちゃう。




ーーーーーーー

最近思いだしたのだが、
大学1・2年の頃は、大学内にエビちゃん旋風が吹き荒れ過ぎていたので、
友人とRNAの奇抜なTシャツと、穴のあきまくったデニムを穿いたりとか、
ささやかに抵抗していたのを思い出しました。
第2の思春期?大2病?

とりあえず、女子校の中高のヒエラルキーは華麗にサバイヴしたけど、
大学のヒエラルキーは完全打ちのめされたなー、と思い返した。
完全、趣味を確立しちゃったのはこの反動だよなー。
という、くだらん自己分析。
[PR]
by thora | 2011-09-21 00:33 | YouTube・ニコニコ動画
<< モテキ。 あの子の考えることは変 >>