終わりで始まりの4日間(2004)

GARDEN STATE

アメリカ 103分
監督: ザック・ブラフ
出演: ザック・ブラフ
     ナタリー・ポートマン
    ピーター・サースガード
    イアン・ホルム


この映画、all cinema onlineなどによれば、
アメリカ映画青春映画の金字塔的作品。

監督で主演でもあるザック・ブラフ演じる売れない俳優アンドリューが、
下半身不随の母親の死を機に10年ぶりくらいにニュージャージー州故郷、
に戻ってくる。

そこで徐々に明かされる過去のトラウマと、
ナタリー・ポートマン演じる、うそつきの変人のかわいい女の子。
バイクのる時のヘルメットを「彼氏の」、と言いつつ、
後で実は癲癇の作用のためのものなの、と告白。
それにしても、この人童顔だなぁ。
高校生にしか見えない。

映画はちょっと、前に流行したオフビート家族ドラマもの。
主人公の過去の葛藤とその癒しの過程。
が、本作の見どころか。
少々、陳腐なのが鼻につくが。
家族・青春ドラマだから、しょうがないか。
でも、やっぱりそんな好きじゃない。

これも9.11以降を意識して作られたドラマなのだろうなぁ、と思う。
冒頭、飛行機でのパニックの中で、
一人そのパニックから取り残され冷静に振舞う主人公が、
ハっと目を覚ますところから始まる。
穿ち過ぎかも知れないが。。

「エリザベスタウン」だな。よく似ている。


でも、一番の耳どころは、
やっぱりこれを機に大ブレイクしたアメリカバンド、The Shins(ザ・シンズ)だったりする。
「これを聴いてみて人生変わるから」と、言う。
これが一番、アメリカでブレイクした理由だろうと思うよ。
ギター・サウンドのシンプルなメロディの良いバンドだもの。

これを聞かされて、
30秒ほどきいて、良いって答えてる主人公はいかがものか。
まっ、劇中でガンガンかかってるから、良いのかー。

そんなThe Shins(ザ・シンズ)の"New Slang"です。
この映画場面つき。


[PR]
by thora | 2008-01-25 20:59 | 映画
<< 『江頭2:50の「エィガ批評宣言」』 レニングラード・カウボーイズ・... >>