メモ。

・「スウィニー・トッド」

主演の二人、
ジョニー・デップも、ヘレナ・ボナム・カーターも
クソ不健康な感じがよく似合う。
特に、ジョニー・デップが格好よい。
何をやらせても、様になります。


シザーハンズ、スリーピー・ホロウ、コープスブライド的な流れを汲んだ映像が見もの。

かみそりで一振り、ピュっと鮮血する。
たいへんグロい。
この映画を見る前に、食事は済ませるべし!

特に、イリヤ・レーピンの「イワン雷帝と皇子イワン」だよ。
あの最後のカットは。
非常に怖いです。




・「ラスト・コーション」

アン・リー、トニー・レオンという予備知識のみで見に行く。
友達とやや絶句す。
すっごい濃厚なラブシーン。

いっしょに見に行く相手を間違えなくて本当に良かった。

中国版ブラックブックですね。
女性工作員の強さが見ものか。


・「キルステン・ダンストの大統領に気をつけろ」


かあいいー。
キルステン・ダンスト、ミッシェル・ウィリアムズも。
その服装も、その設定も。


大統領の陰謀」をパロディ。
記者を演じるのがウィル・フェレル!と、ブルース・マックロック。

ご存知ニクソンのウォーターゲート事件を、
たまたま目撃してしまった15歳の女の子二人組。

ガールズ・パワー全開。
15歳はここまでアホ気味かはわからないが。
あいも変わらず、キルステン・ダンストはキュートの極み。

カラータイツ、チェックのコート、といったスタイルから、
頭に巻いたいかにもヒッピー・ファッション、
極めつけは、星条旗で作ったビキニか。


ニクソンに恋するミッシェル・ウィリアムズも良い。
[PR]
by thora | 2008-02-10 12:41 | 映画
<< 恋のからさわぎ (1999) ファッション本 >>