Modest Mouse ライブレポ

Modest Mouse, 東京 Duo Music Exchange、2008年4月10日

アメリカのインディ界のNo.1のバンド。
題名が皮肉きいてて、歌ってることがネガティブで、
曲調はアグレッシブで攻撃的。

ちなみに、
私が一番最初に聞いたのはThe Good Times Are Killing Me
この題名と途中の渋ーいボーカルに惚れました。

Modest Mouse マイスペ

c0071920_9553995.jpg




OGRE YOU ASSHOLEという日本のバンドが前座。
意外に激しい。ベースのアルペジオ(?)じゃないけど、
けっこうメロディアスなのが印象的。割合盛り上がってました。

8時から本編スタート!!

後方にツインドラム、
左端にジョニー・マー、ベーシスト、パーカッションのトムさん(只者じゃなさそうな人)。
一番、右端にボーカリスト、アイザック。

アイザックは凄かった。
まず、タトゥー。両腕に大きな絵柄が何個か入っていて、シャツの袖からちょっとはみ出しているのが格好いい。入れたくなってしまった。それに、やっぱ歌う姿。最初は声でなくて調子悪い?という感じだったけど、どんどんいつもの調子が出て4,5曲目あたりからは戻っていた。曲の出だしから、目を見開いて一点を見つめてシャウトしだすから、びっくりした。あと、割と早くトレードマークの早く帽子を取ってしまったのも印象的(笑)。

やっぱ、ツインドラムはすごい迫力でした。
特に、最新アルバムの「We were Dead」の曲の演奏はメンバーたちが一丸となってて、グルーヴィ な演奏でした。

しかし、どうしてアイザックはあんな右端にいるのだろう。
前回、全然見れなかったジョニー・マーさんのギター、素敵だったけど、
やっぱり、アイザックとは競演という感じなのだろうか。共に個性が強そうだ。


King Rat」のDeep Water Deep Waterっていう歌詞と演奏は、
なんか海の底から響いてきそうな感じだった。

ただ一つ残念なのは、
Spitting Venomの10分のトリップ演奏がなかったのが、悔やまれる。
Summer Sonicで見たし、しょうがないのかな。
マーさんが、「昨日のライブ来た人ーー??」と聞いてたので、
もしや2日間来る人のためにセットリスト考えたりしてるのかなと、思った。
行けばよかったかも。

We were Dead,Good Newsあたりは曲名をばっちり覚えてるんだけど、
どうも初期作品は聞き込みが足りない(!)せいで、
サビで「あぁ、これか」みたいな現象がおきて、反省。

個人的には、BukowskiFloat OnDashboardが大好きなので、
そこら辺が楽しかった。あとは、Tiny Cities Made Of Ashesも割とインスト調に、なんとも不思議なボーカルが格好いい。


Doing' the Cockroachでめちゃくちゃ盛り上がっていた。
この波のおかげで、ガァッと押され、アイザックをかなり近くで見れて嬉しかった。

帰りはビールをすき腹に一気で、すぐ酔いが回り、
ライブとの昂揚感と共に、もうハイで楽しかった。
若造バンドも好きだが、年季入った人々の余裕は違う。
格好よかったなぁ。

また、来てくれ。ぜひとも、来てくれ。

(補足)

もうリピートしまくり。
止まらない。
切実にライブアルバムが欲しい。

(また、補足)
4/18付けの朝日新聞のレビューに、
この陣形は「公平さを打ち出し、主役を限定しないもの」とあった。
なるほどね。
[PR]
by thora | 2008-04-11 00:20 | ライブレポ
<< 最近の海外ドラマ鑑賞記 We Love Comedy! >>