カテゴリ:雑記( 66 )

徐々に移行のお知らせ

05年から愛用してきたエキサイトブログですが、
今度こそBloggerにお引っ越ししようと思ってます。

http://thoraz.blogspot.com/

ここらで心機一転したい気持ちと、
仕事でWEB担当になったし、
外部の使いにくいものにも慣れていこうかな、という目論見からです。

こちらは、
年内で閉めようかなー、と思います。
[PR]
by thora | 2011-12-11 14:06 | 雑記

ももいろクローバー

最近、聴いてるものは、
Perfume→ももいろクローバー→Perfume→ももいろクローバー
のループです。


[PR]
by thora | 2011-12-11 12:19 | 雑記

お知らせ


さてさて、
●リアル友人のみなさま●

Facebookを初めてみましたので、
もしご興味あれば検索くださいませ。


●ブログを読んでいただいてるみなさま●
(いるのかは謎ですが、、)

でも、現実の人間関係は大の苦手で、
匿名大好き!みたいな感じなので、

Facebook<<<<こっち(ブログ)
だと思いますので、
これからもお付き合いいただければうれしいです。
[PR]
by thora | 2011-11-04 01:41 | 雑記

モテキ。



映画版を見に行くか迷っていたところ、
リアル・フジ君から誘われる。
リアル・土井あき、アナザー・フジ君も参加するらしい。



モテキは男子版のラブコメだよねぇぇぇ。
なんか生々しい恋愛の様子を見せられて、
主人公のごとく、うぁぁぁっーとなりながら見つつ、
これに感情移入してるやつなんて××だぜ!、
(唯一の救いはマンガ作者が女子なことだな!)、
と思ったりしてました。
なので、なんか女子としては、
好きな人とは100パー観に行きたくない映画ナンバー1だろうね。
観に行く人はツワモノか、なーんも考えてないか、ですね。。

ドラマ最後までみよっと。
なくなった、、ちょっと一安心してみたり。。
[PR]
by thora | 2011-09-25 11:31 | 雑記

FUJIROCK

に行ってきます。もう寝ちゃおう。


レポートをてつだってたら、
あっという間に1週間ぐらいがすぎ去っていた。
分野が違うのでちょっと楽しいが、
哲学的分野は正直なところ苦手。


哲学個人授業 (ちくま文庫)

鷲田 清一 / 筑摩書房




鷲田せんせは、大阪弁なのだね。
突然の饒舌な語りにびっくり&読みながら楽しい。

「疑うことは考えること」など、
当たり前のようでいて、そうだよね~、と納得してしまうことだらけ。

デッドエンドの思い出 (文春文庫)

よしもと ばなな / 文藝春秋



友人が貸してくれる。
小6以来、よしもとばなな作品を読んでいなかったので、
10年以上ぶりに読んだ短編集。
この人も江國香織バリにゆるふわ不思議小説な人かと思いきや、
たまにガツンと痛い(可哀そう!)別れの話、それが表題の『デッドエンドの思い出』。
出産前に憑きものを落とすかのように執筆と書いてあったが、
書いて絶対すっきりしたんだろうな。読むと辛いもん。

次は何を読もうか、思案中。
でも、図書館のカードをなくしたのが残念すぎるけど。
[PR]
by thora | 2011-07-29 01:23 | 雑記

ももクロちゃんをGETしていない

●雑誌

CDJが売れまくっていると聞き、
地元の本屋にたのんだところ、取り寄せに1週間かかるといわれる。
そして、まだ来ない!!(明日で1週間ーー)

ももくろアルバムは、
これといっしょに買うと決めてるのに。

CD Journal (ジャーナル) 2011年 08月号 [雑誌]

音楽出版社



CDJはすっかりなんか攻めモードの雑誌に変りましたね!
(もともと学園映画シリーズ連載もあったけど)より楽しい。


ついでに、これも買っといた。

ぴあ [最終号]

ぴあ



「ぴあ」はメジャーで、
「シティロード」がおしゃれな人が映画雑誌だったようですね。
いつもTSUTAYAで映画の前売り券買う時に読んでたよ。
インターネットの映画サイトでは、
上映映画と時間を一気に一覧することができないんだもの。残念。



●CD

ももクロを買う時は

フラッシュバック、夏。(初回生産限定盤)(DVD付)

RHYMESTER / KRE



も同時に買う予定ーー。
もう明日買っちゃおうな、CDは。


にしても、フジロックに行くというのに、
最近はKICK~とももクロしか聴かないというおかしな方向に。


●「コクリコ坂から」
c0071920_2132794.jpg
前作より数千倍マシ。
だが、なんか今の時代に60年代の旧制高校の男子学生みたいなノリを
見なきゃいけないのか良く分からなくて戸惑った。
アーンド、ヒロインが完全無欠に立派すぎて嫌。
「耳をすませば」のヒロイン・雫のほうが夢見がちでよっぽど可愛げがあった。
でも、意外と楽しめたのは、旧制高校ノリのおかげかも。
当時を知らない私たちでさえ、この描写絶対現実からは程遠いはず
(現実なんか求められないかもだが)と思いつつ苦笑しちゃうが、
アニメっぽく昇華されているかな。
駿というストッパーがなくなったら、ものすごいダークな作品撮りそうだね。


●「カサブランカ」

c0071920_2054444.jpg
主人公の酒場の亭主・ハンフリー・ボガードこと、
ボギーが非常に未練がましくて心底同情した。
今回、初めてこの映画を心から楽しんだ気がするw
ウディ・アレンの「ボギー、俺も男だ」も再見すべきか。










c0071920_21114268.jpg


バンクシー、観てこようかなー。
[PR]
by thora | 2011-07-27 20:23 | 雑記

集大成

2年強学んで、良いなと思った人を貼っていきますw


●ユチョン
c0071920_15585656.jpg
誰かといいますと(笑)、
東方神起の抜けたうちのひとりです。
彼は笑顔がかわいいのと、
なんか作品選びが良い感じがするのでした。



●ユ・アイン
c0071920_22214666.jpg
今、エッジが利いてる俳優のユ・アイン。
ちょっと気になる感じ。





最期は、
数少ない取材に立ち会ったもの。
あまりの奇天烈さに大爆笑(愛のある感じで)
まだ中学生とかで、キャッキャッしていたよ。


[PR]
by thora | 2011-07-21 16:05 | 雑記

ネ申と握手!

c0071920_058214.jpg



なーんと、映画『X-MEN』(おもしろい!)を観に行った帰り道に、
宇多丸さん(わたしのアイドル)に遭遇!

半分ぐらい本人、半分ぐらいもしや別人?と、
30秒ぐらいためらったものの、
気がつけば5メートルぐらい空いてしまった距離をあけるべく、
懸命に走って追っかけてしまう。

とりあえず、勧誘の人ばりに「宇多丸さんですか?」と声をかけて、
握手してもらって、
ほんの少しだけしゃべっちゃいました。

頭飛んで、同じ映画観てたんだ!、と興奮しちゃったけど、
おそらく『ハングオーバー2』観に行ってたんだな。
「本当大好きです」(←精一杯の大告白w)「明日のラジオ楽しみにしてます」とか
普通のことしか伝えられなかった。。。

外見は、普通に、そこらへんにいそうな
黒セルフレームをかけたおしゃれなB-BOYで、特筆すべきは超痩せていた!

頭よさそうなしゃべり方、(←偏見ww)、
大きめの黒セルフレームのメガネの下で、
おそらく考え事をするときの癖か目玉を良く動かしてて、
ちょっと大学の先生を思い出した(笑)。

気持ち悪く話しかけちゃったな、と思ったけど、
超超引っ込み思案の自分としては本当勇気ある行動をとったよ!
誰か褒めて!&マジでうれしくて、言葉にならないーーー。

いろいろ思うところが最近、あったのだけれども、
そういうもろもろの積み重ねでこんな偶然が起きるのだね!


[PR]
by thora | 2011-07-09 01:18 | 雑記

touhi

前、熱心に読んでたブログの著者が知人(もっと薄い関係かも)の
親友(これは相当仲良さげ)であることをTwitter経由で知る。

Perfumeとか知ったの、この人経由だった、そういえば。
懐かしい。世間、狭いなぁぁぁぁぁ。
そして、ちょいちょいはさんでくるモテるアピールぶりとか、
わー、うざくてなつかしーー。

という、普通の感想。
[PR]
by thora | 2011-06-19 17:46 | 雑記

SNOOZER

c0071920_10444792.jpg


最後のSNOOZERを買いました。
インタビュー等をすっ飛ばして、
野田努×タナソウのところを読む。

まぁ、よくも悪くもsnobbishな雑誌であったよ。
2年前に廃刊しちゃったSTUDIO VOICEもね。 

「『SNOOZER』がもし闘っていた相手がいるとしたら、何?」と聞かれて、)
タナソウが「レベルの低い快楽の文化」と言っていて、
その前にRock'in on の00年前後当時の洋楽に対する無理解、
そして現在のKブーム、をくさしていたので、
まさにその辺りなんでしょうね。

タナソウにしか作れない、という意味で、
本当稀有な雑誌でありました。

そして、読者の反応がすごいな。
(某若手音楽ライターさんのブログで)
「つぶれる雑誌に割く時間はない」とか言っちゃってるのに、
わざわざ自分のHPに書いたSNOOZER10周年記念への
想いをつづった文章を引っ張りだしてきたのをみて、
そのツンデレっぷりに本当好きだったんだね~(じみじみ)としちゃったーー。


これから買う音楽雑誌はなんだろ。
新生クッキー・シーン、ディスクレビューおもしろいけど、
これお金かかってないな、と思っちゃうしなー。
レビューも好きだが、インタビューが読みたいんだよー。

snoozer (スヌーザー) 2011年 08月号 [雑誌]

リトル・モア




CDジャーナルムック Cookie Scene Essential Guide POP & ALTERNATIVE 2011 21世紀ロックの爆発

音楽出版社



Sound & Recording Magazine (サウンド アンド レコーディング マガジン) 2011年 07月号 [雑誌]

サウンド&レコーディング・マガジン編集部 / リットーミュージック



MUSIC MAGAZINE (ミュージックマガジン) 2011年 07月号 [雑誌]

ミュージックマガジン



rockin'on (ロッキング・オン) 2011年 07月号 [雑誌]

ロッキング・オン



CROSSBEAT (クロスビート) 2011年 07月号 [雑誌]

シンコーミュージック・エンタテイメント


[PR]
by thora | 2011-06-18 23:38 | 雑記