<   2006年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧

ショーン・オブ・ザ・デッド

SHAUN OF THE DEAD

イギリス、2004年, 100 分
監督: エドガー・ライト 
出演: サイモン・ペッグ 
    ケイト・アシュフィールド 
    ニック・フロスト 

ロンドンに暮らすショーンは、いい歳して人生の目標や目的を持たぬまま、
親友のエドとパブに入り浸るばかりの冴えない毎日を送っていた。
そんな彼に長年の恋人リズもついに愛想を尽かしてしまう。
このままではいけないと自覚したショーンは、リズとヨリを戻すため、
これまでのだらしない生活を改めようと決意する。
ところが、ショーンが恋人のことで頭がいっぱいになっている間に、
街にはゾンビが溢れ、生きた人間を次々と襲っていたのだった…。

ロメロのゾンビ作品をパロった作品なのに、本家本元を見たこがない。
それを結構、後悔してる。もっと楽しめただろうに。

前半はショーンの冴えないイギリス人の暮らしといった感じ。
夜な夜なパブで、飲んだり食べたり。
そんなショーンを不満に思ってる彼女には振られる。
後半は一気に、ゾンビ合戦へ。

ショーンのマイペースっぷりには、かなり笑わせられる。
どうして、ゾンビが後ろにいるのに気づかない!
見ても、「あいつ酔っ払っちゃてるよ」と笑い飛ばす。
さんざん流れているニュースも見ない。
そして、自分の家の庭に侵入したゾンビでさえ、
最初、度を超えた酔っ払いかと思って記念写真とか撮っていて、笑えた。
いざ、倒すのも「レコード」投げだったり、でそれも笑える。

ゾンビの真似をしてゾンビの群れを歩くシーンで一番笑った。

ワンカットで、職場に向かうシーンはとても、良いと思った。
妄想の映像は、繰り返しは豪快な強引。(悪い意味ではなく)、
ヤン・シュワイクマイエルの「ファウスト」の悪魔の召還を思い出したりしたしたりする。





――――――――――――――――――――――――
「クローサー(2004)」の、ジュード・ロウ、
ネカマ?になるは、ストーカーまがいはするわ、で
なかなか凄い役を引き受けたな、って感じでした。かっこ悪さ、極めてた。
映画自体はちょっと舞台くさい。
それにしても、ナタリー・ポートマンはおかっぱが良く似合う。
[PR]
by thora | 2006-07-18 23:22 | 映画