<   2009年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

Last FM 2009

Top Artists

1 Perfume 1,356
2 相対性理論 444
3 My Morning Jacket 421
4 Death Cab for Cutie 362
5 チャットモンチー 296
6 Lily Allen 290
7 TBS RADIO 954kHz 263
8 Franz Ferdinand 253
9 Suzuki Ami 252
10 ASIAN KUNG-FU GENERATION 210
11 The White Stripes 193
12 The Dead Weather 180
12 Quruli 180
14 Antony and the Johnsons 160
15 Sufjan Stevens 154
16 The Beatles 152
17 Animal Collective 149
18 Fleet Foxes 141
18 Late of the Pier 141
20 Bright Eyes 132
21 Herbert 120
22 Kanye West 119
23 The Beach Boys 117
24 Meg 115
25 aiko 106
26 Passion Pit 100
26 Modest Mouse 100
28 Norah Jones 96
29 サカナクション 94
29 Cansei de Ser Sexy 94
31 Supercar 89
32 Capsule 84
33 Arctic Monkeys 78
33 Spoon 78
35 Vampire Weekend 73
36 The Flaming Lips 72
37 Belle and Sebastian 69
38 Shena Ringo 68
39 Andrew Bird 67
40 Wilco 65
40 Talking Heads 65
42 Yeah Yeah Yeahs 64
42 Duffy 64
44 Jenny Lewis 62
45 Rilo Kiley 60
46 Beck 59
47 The Who 58
48 M.I.A. 55
49 Iron & Wine 49
49 Utada Hikaru 49

See more Settings | Feeds Top Tracks

1 Perfume – マカロニ 93
2 Perfume – SEVENTH HEAVEN 71
3 Perfume – ワンルーム・ディスコ 70
4 相対性理論 – LOVEずっきゅん 64
5 Perfume – wonder2 59
6 Perfume – NIGHT FLIGHT 54
7 Perfume – I still love U 53
8 相対性理論 – スマトラ警備隊 51
9 Suzuki Ami – LOVE MAIL 48
10 Perfume – Puppy love 46
11 Perfume – The best thing 45
12 Perfume – love the world 41
13 Perfume – シークレットシークレット 38
14 Perfume – ポリリズム 37
14 相対性理論 – ふしぎデカルト 37
14 相対性理論 – 品川ナンバー 37
14 Lily Allen – Everyone's At It 37
18 Lily Allen – The Fear 36
18 相対性理論 – 夏の黄金比 36
18 サカナクション – ネイティブダンサー 36
21 Perfume – セラミックガール 35
21 My Morning Jacket – One Big Holiday 35
21 Perfume – ファンデーション 35
21 Perfume – Zero Gravity 35
25 Suzuki Ami – TEN 34
25 相対性理論 – 地獄先生 34
27 Franz Ferdinand – Lucid Dreams 33
28 Death Cab for Cutie – Crooked Teeth 32
28 Perfume – コンピュータードライビング 32
28 My Morning Jacket – Evil Urges 32
28 Perfume – 願い (Album-mix) 32
28 Perfume – Dream Fighter 32
28 Franz Ferdinand – Ulysses 32
34 Perfume – Baby cruising Love 31
35 Death Cab for Cutie – The Sound of Settling 30
35 My Morning Jacket – Touch Me I'm Going to Scream Pt. 1 30
37 相対性理論 – おはようオーパーツ 29
38 Perfume – コンピューターシティ 28
38 My Morning Jacket – Highly Suspicious 28
38 Perfume – Take off 28
38 相対性理論 – 学級崩壊 28
42 Late of the Pier – Focker 27
42 相対性理論 – テレ東 27
42 Franz Ferdinand – Twilight Omens 27
42 Perfume – Butterfly 27
42 Perfume – パーフェクトスター・パーフェクトスタイル 27
42 ASIAN KUNG-FU GENERATION – 稲村ヶ崎ジェーン 27
48 Perfume – GAME 26
48 Perfume – スウィートドーナッツ 26
48 ASIAN KUNG-FU GENERATION – 鵠沼サーフ 26

See more
[PR]
by thora | 2009-12-24 12:01 | 音楽

Public Enemies

・叔父貴目当てで『時事放談』を流し見することが多くなった。渡部恒三の“The 政治家”キャラが濃くて目が離せないけど、会津弁が強すぎて、ほとんど何を言ってるかわからない。

が、よくよく聞いていると、この前は「小沢くんは変わったね。影で権力を操るのが大好きな人があんなに表に出てくるなんて変わった。これはねぇ、何かがあるとしか思えないね」(要約)と言っていた。年長者だから当たり前なのかもだが、たいていの政治家を「君」づけで、上下関係を隠さず、ひたすら自分の昔の思い出話を語っているのが面白く感じられてくる。
自分もおっさん化しているのか、もしくは郷太くんの言うとおり、政治家もトリックスターとしてかなり面白いということなのかも知れない。

・「パブリック・エネミー」

ジョニー・デップ、非の打ちどころがない。
スタイリッシュさと男くささが両立するマイケル・マン作品。
生ぐさい正義を体現する役でまた、
クリスチャン・ベイルが登場。この人しかいないのか?ってぐらいによく出る人だ、本当。
[PR]
by thora | 2009-12-23 13:00 | 雑記

This is ENGLAND

・『ジュリー&ジュリア』

『Sleepless in Seatle』の電話、『ユー・ガット・メール』に引き続き、
メディア好きのノーラ・エフロンらしく今回は「ブログ」が大切な役割を果たす映画。
エイミー・アダムスも、メリル・ストリープも作品選びに間違いがない。
メリル・ストリープの旦那役にスティーブン・トゥッチ!
(好きな俳優って聞かれたら、トゥッチって答えたい)

ジュリーと本物のジュリアの関係が
実はすれ違いであることを描くのが、シニカルさがあらわれているのだろう。


・アラフォー女子8人飲み会

業界勉強会と評し、忘年会。
「「○○」って俳優のことを語る時だけ、私は色気があるって言われるの~」
とか、30代女子パワーに圧倒される。強い。

自分だって、たぶんイケメンは好きなんだと思う。
ただ、自分を笑いのめすぐらいの滑稽さをイケメンにも求めてるのかも知れない。
その点、アッシュトン・カッチャーは美しいうえに、おバカで最高だとは思う。
でも、この人は自分で社長とかやっていて、本当は油断がならないけれど。



・SMAP好きの友達が年末のTVガイド誌の表紙が少なくなったと嘆いていた。
そのあと、小さなクラブに行くと、
DJをやってるはずの知り合いもいず(電話したらまだ会社にいた、夜中の2時に!)
アウェイ過ぎて2人で滞在時間たった15分。ちょっと飲んで、解散。


・『ダーティ・メリー クレイジー・ラリー』

おもろい。カークラッシュもの。
[PR]
by thora | 2009-12-22 00:17 | 雑記

Zooey Deschanel ファッション

こんなサイトを見つけました。




c0071920_9345966.jpg


とりあえず、

(1)黒タイツを履くこと
(2)ワンピース・ドレス>>パンツ・スタイル
(3)カーディガン
(4)襟のある服/しわ加工のある服
(5)レース・ボタンのある服
(6)目立つポップな靴を履くこと

みたいなことがポイントっぽい。
[PR]
by thora | 2009-12-20 02:20 | 雑記

さよなら、ドコモ

・カールじいさんと空飛ぶ家

最初の5分で70年近くの人生を見せるショットが素晴らしかった。
珍しく涙が。
キャプラとか思い出させる、アメリカの良心的な作品。
良い映画はアニメから生まれることが多い。
それを考えれば、キャメロンの「アバター」も駄作くさすぎるが、
試してみたほうがいいのかも知れない。

「ジュリー&ジュリア」「インフォーマント」、
気になる。気になる。気になる。
audreyちゃんとかいかがでしょう?

・iphone
気がつけば、10年近くdocomoを使っていた。
とくに愛好している、とかではなく、ただ会社を変えるのが面倒だったから。
機種はここ5年ほどNEC。
それもたまたま、デザイン的なのを選ぶとNECになってただけ。
デザインは好きだが、カメラの性能が悪すぎだった。

最後、使っていたフランフランとコラボケータイはイルミネーションが可愛かったけど。

iphoneはもはやケータイではなく、
「おもちゃ」みたいだね。
楽しいことだけは確か。


タッチパネルが本当、慣れない。
メール二度送ってしまい本当申し訳ない。
BCCとか、CCの使い方もめちゃめちゃだし。。

・「ブライダル・ウォーズ」

つまらない映画!

[PR]
by thora | 2009-12-15 01:12 | 雑記

ミックスナッツ

・ブライダル・ウォーズ

アン・ハサウェイと、
すっかり可愛さを失ったケイト・ハドソン(整形しすぎ)

・スペル

きゃー、超B級。最高!
★★★★★

・3月がまたひとつの山場らしい。
あまり仕事を抱え込みすぎないよう、アドバイスを受ける。

・文章を書いていたら、
「妻を支える夫」とか、「内助の功」みたいな部分を膨らましたほうがいいんじゃないか、とか。
アドバイスを受けた。それ本気で言っているの?!と思ったけど、
相手の顔は笑っていなかったので本気だったんだろう。

とりあえず、すべて旧価値観に基づいた、
実用方向に持ってこうとするのが私的に気に喰わないです。


・仕事相手のデザイナーの人たちとランチをする。
無口・マイペースっぷりが半端なくてびっくりした。
[PR]
by thora | 2009-12-12 13:52 | 雑記

Cause all you People are Vampires!

11月終わり

過去最多ぐらいに劇場に足しげく通ってしまいました。
気がつけばもう12月!


・『アンヴィル 夢をあきらめきれない男たち』

もらい泣きしそうになる。これぞ、ホモソーシャル友情決定版。
もうじき、ヘビメタ好き友人に会うので、この話をするのが楽しみだ。

・『サンシャイン・クリーニング』

エイミー・アダムスと、エミリー・ブラントに、
ドラマ「24」のクロエ(役者名失念)なんていう取り合わせが良い。
エミリー・ブラントも最近、お気に入りの女優のひとり。
『リトル・ミス・サンシャイン』にしても、
わかりやすいくらいの負け犬話は、
ユーモアが足りずそんなに好きでもないのだが、
この役者の取り合わせが最高。

・『パイレーツ・ロック』

これは良くできている。良い。
まぁ、当事者から言わせれば、
海賊船からラジオというのは珍しいこともでなかったし、
あんな最後ドラマチックにしなくても・・、という感じらしいが。
さまざまな種類のDJがいて楽しめる。
50~60年代のイギリスのセンスが楽しめて良い。


途中の美しい女性はエマ・トンプソンだったのか。
ちょっと、侮っていたかも。
イギリスコメディアン勢ぞろい&フィリップ・シーモア・ホフマンとか、
役者のレベルが高い。


『イングロリアス・バスターズ』

最高!!
隣のカップルがうるさくて甚だ迷惑だったけど。
ユリイカを買ったので、あとでじっくり読みたい。


・『トワイライト』

いまさら見てみた。
薄幸美人的なヴァンパイアじゃなくて、
スーパーサイヤ人みたいな超人じゃん。
アメリカ人ティーン的には、
見られる、ってことがたまらない、って感じなのかな?


・宇多丸ウィークエンド・シャッフル

最近の企画は冴えまくっている。
いわもとQや真田特集など面白いものが多い。




・こういう風に映画をどしどし見ているので、
映画関係の企画をぼーんと出してみたけど、
ことごとく惨敗した。他のとこだったらいけるんじゃないかな、と思うのだけど。。
ようは、「実用書」を出せよ、ということらしく、
そうなると私が出せるのは英語ぐらいでとほほ・・って感じ。

英語もとくに猛烈に勉強してできる、って感じではなく、
むしろゆるーく勉強してなんとなくしゃべれるみたいな
(もしきっちりした性格の人なら、私のレベルで英語喋れるとか言わないような気もしている)
レベルなので、どうなのだろう。

まったく「実用」という言葉からはほど遠い世界で生きてきたな、という感じ。
だし、これからもそこに片足つっこみながら生きてるんだろうな、
という気もしている。


・ネットで勝間和代を『ウォーリー』のイヴに例えた文章があって秀逸だった。
Google化するとか、完全にサイボーグのように振舞っているような感じは昔からしていた。
割り切れないことを強引に割り切ろうとする(ポジティブ)パワーはすごい。
香山リカも正直そんな好きではないが、
正面切って対決したのはなかなか読みごたえがありそうだったな。
[PR]
by thora | 2009-12-03 02:15 | 映画