<   2010年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

読書

現在同時進行で読んでる本は、

ジャーナリズム崩壊 (幻冬舎新書)

上杉 隆 / 幻冬舎



最近、敬愛する政治ジャーナリストの上杉隆の、
彼の主張である、「記者クラブ」批判についての著。

新聞社の就職説明会に行った時に、
記者の人が、政治家に24時間体制で張り付いて情報を取ることが
いかに大切かを熱弁しているのを目撃して、
違和感を少し感じたことがあった。
昔住んでたところが政治家の家の近くだったこともあって、
よーく番記者軍をしょっちゅう遭遇してたけど、
あれは意味がなさそうだよなー、と思ってたり。

機嫌のいい犬

川上 弘美 / 集英社



これは貸しつけられた。
はよ、読まな。


競売ナンバー49の叫び (ちくま文庫)

トマス・ピンチョン / 筑摩書房




さきに新刊じゃなくて、こっちを制覇したい。


ほとんど記憶のない女

リディア デイヴィス / 白水社



51もの短編が。
[PR]
by thora | 2010-11-26 19:48 |

学祭

11月23日@母校

友だちの妹が出店をやってるとのことで、母校の学祭に。バンドやお笑いをみたけど、きっと在学中よりもはるかに寛容の目で学生を見守ることができたので、すごい楽しかった。にしても、メイドカフェやら、コスプレ喫茶やらオタ文化の要素が完全に強い。いまや、オタは教養として当たり前なんじゃないか、と初音ミクのコスプレ男子やらをみて思いました。
c0071920_21164222.jpg

いっしょにいた友人はガンダム女子なので、模型みて喜んでたよ。
[PR]
by thora | 2010-11-23 21:11

デラファンタジア

11月21日@新木場コースト(遠い)
ヴァン・ダイク・パークス/ 細野晴臣 / TYTYT(高橋幸宏+宮内優里+高野寛+権藤知彦)


今週は打って変って活発に活動。
金曜の夜から日曜昼まで新潟(長野近辺)に。
これは後ほど、詳細を。


そして、
その足でデラフェスに直行。
したかったが、ぼさっとしてたら、
いつのまにかトクマルシューゴの時間を過ぎてしまいました..

気を取り直して、高橋幸宏。
YMOメンバーを生で見る日が来るとは予想だにしていませんでした。


で、
TwitterのTL上で、騒がれていたPredawn。
ボブの可愛い女子(日本人)がギターを抱えて、
ウィスパーボイスでUS Indie調なんて、ズルい。英語が上手い。
これはみんな好きだ、と納得。

泣く泣く途中で切り上げて、細野晴臣。
これがカントリーづくし。
サポートメンバーにSAKEROCKのドラマ―が!
そしたら、ゲストに星野源、、嬉しい。


で、(ちょっともったないかもー、と思いつつ)
ひとつすっ飛ばし、
御大・ヴァン・ダイク・パークス。オーバーオール着たおじいちゃん。
なんていうか、自分は若いアーティストのステージしか観ることがないので、
こういうのが巨匠のステージなんだなー、と。
サポートするバックバンドが若い。






にしても、超絶的に眠かった。。とほほ。
いつも以上にぼんやりして眺めてしまいました。感想もぼんやり。
知り合いをたくさん見かけ、
中でも、うおー!な人々を見かけつつ、今回は声をかけず・・・


c0071920_11233811.jpg



そして、
東京にいない間に、Perfume×KARAのMステでの共演が盛り上がっていた。
要チェックなのでした。


+Flaming Lips

わたし、あんまりLipsは好きじゃないのかもなぁ。
などと、思わされた。
というのは、周りと自分との温度差よ。

別に曲も良いし、別にパフォーマンスやステージのエンターテナーぶりも
素晴らしいのだけれどもね。
意外と、サイケとか好きじゃないのかも。

と、楽しそうにしている元彼を傍目に思いました。
そして、この人といい加減、つるむのはやめたほうがいいのかも知れません。
でも、誘われたらすぐ行ってしまうし、わたしも誘ってしまう悲しい性。
わたしにいま必要なのは、次に好きになれるような人、
と、ライブに行ってくれる友達だよなー、つくづく。
[PR]
by thora | 2010-11-22 11:22 | 雑記

読書

今週の土日は
読書充・映画充・ネト充を目指すのだー。



・小さいおうち

二カ月かかかって読破。
途中まで、
戦前の昭和の裕福な家庭の女中さんの回顧記かと、
思いきや、最後はなんかミステリー化。
「奥様の帯が出かけたときと帰ったときで、逆側に!」
というのにちょっと笑う。うははー。



小さいおうち

中島 京子 / 文藝春秋



・東浩紀「クォンタム・ファミリーズ」

これも二カ月かかって読破。
いるはずのない娘からある日、メール届き、
並行して存在する、パラレルワールドの自分と入れ変ってしまう。
そこには幸せな家庭が存在して、、
正直、
いろんな作品に目配せのある、
自分には手の負えない小説だなー、と思いつつも、
読み応えはあった。

とりあえず、
この作品のカギとなる、
村上春樹の「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」を読もうと決意。

クォンタム・ファミリーズ

東 浩紀 / 新潮社


[PR]
by thora | 2010-11-13 14:36 | 雑記

先週の動き

●11月7日 @早稲田大学
吉田豪×上杉隆×中川淳一郎×津田大介
「これからのメディアの話をしよう」

高田馬場駅からあふれる人、人、人。
ひさしぶりに昼間から若者がたくさんいて、
なんか楽しかった。


c0071920_13563136.jpg


遅刻しながらもTwitterで話の流れを把握していたので、
とくに違和感なく合流。
話はちょうど、キラキラTBSの謝罪話直後。

日本のジャーナリズム、
おもにテレビ局について
2ch/youtube/スパイダーなどが放送禁止用語という話の後に、

スペシャルゲストの田原総一郎の登場。
テレビ局出入り禁止などに関して、
「一度土下座して謝って、また裏切ればいい」
という田原総一郎流のジャーナリスト精神でもって、
上杉隆を叱咤激励する姿が印象的。
田原総一郎が退場する際に、
どさくさにまぎれて握手してもらった。


そして、
日本で今一番注目のメディアは、
なんとニコニコ動画!という話。
編集せずにそのまま中継する姿、小沢一郎の出演など、
その政治的な姿勢かつ、黒字経営は評価されるべきものだそう。


そして、芸能界ネタのみならす政治ネタからメディアネタまで
きちんと切り盛りできる吉田豪はプロなんだなー、と感動。

帰りがけに上杉隆が電話しながら歩いているのを見かけ、
終わったら話しかけようと思っていたところ、
横から来た50代ぐらいのおばさまたちが、
「あら、上杉さんじゃない!がんばって!応援してるから!」
肩やら腕やらをガシガシ叩いてたのに圧倒される。
上杉さんが50・60代女性から人気があるらしい、と講演の最中にも
言われてたけど、まさに本当そんな感じだった。
ちなみに、すごい良いスーツを着ていたw

⇒配信中。
『Dancing On The Media!!』(リンクから動画に飛べます)
[PR]
by thora | 2010-11-13 13:53

ぼんやり

・風邪のときにみる悪夢

今回で3度目ぐらいなので、メモ。

自分が高校2年生ぐらい。、
毎回体育の時間を眠り過ごしてさぼってしまう。
で、初回の授業に出てから2カ月がたち、
ひさしぶりに出ようかなー、と思うと、体操着が捜せない。

もうこりゃ 単位が取れずに留年だな、
と絶望する夢を見る。
[PR]
by thora | 2010-11-09 13:32

Perfume 東京ドームライブ

11月3日 Perfume 東京ドームライブ 1234567891011

トライアングルツアーより全然面白かったなー。
武道館とか代々木とか、こういう単発的なライブが面白いのは、
なんでなんだろう。


予想は見事に外れ(それも楽しい)
「シークレット・シークレット」で始まる。
衣装は黒に蛍光黄色やピンク?の模様が光る衣装。

しかし、まぁ遠いなぁ、
と思いつつ、「不自然なガール」
そして、「GAME」へと続く。

で、MC。
見事ソールドアウトした今回のドーム公演。
5万人ものを観客を目の前にしても、
「原宿アストロホール、クアトロとも変らない気持ちでやっていくだけ」
とあーちゃん、かっこいい!


そして、「ちょっと恋、ラブリーな曲をやりますよー」と、
花道の長さを生かした「ナチュラル~」、「love the world」「I Still Love You」
(相変わらずのあーちゃんのウィンク、かわいいー)
そして、「575」。残念ながら、ラップは流れてたなぁ。
微動だにしなくてちょっと残念。


そして、
「Perfumeの掟」。
あまりのゴリゴリ、ハードなエレクトロと、
画像にここはどこ?ここはオールナイトフジ?と、
Perfumeのライブではない感じで格好良かった。

そして、
恒例のダンスシーン。
それぞれが生年月日を入れて入力して、
認証して動く、というロボットめいた姿が!!
自分がPerfumeが好きなのはこういうコンセプトがきちっと、
定められてるところなのかなぁ、と思った。


からの「VOICE」の曲順はすごく良かった。
後ろに流れていた、NHKの「にほんごであそぼ」的なレトロな画像が気になる。
そして、「コンピューターシティ」!!!!
これだよ、これと。
そして、「エレクトロワールド」に続くと、
悲鳴が上がる。盛り上がった。

~MC~

そして、変らない「パーフェト~」「Dream Fighter」とか、
鉄板の並び。





(続く)











→定番エンディングの「wonder2」「願い」もいい曲なんだが、
悲しすぎるんだ、と思ってたけど、
「この曲でチャンスをつかむことができました。11年目もそういう年でありたい」
と、「ポリリズム」で終わる、というこれまでにない終わり方


・途中のインスト「Perfumeの掟」は中田ヤスタカが製作
[PR]
by thora | 2010-11-04 09:07 | ライブレポ

ドームだよーー

ひゃひゃひゃ(←テンションがやばいw)
当日じゃーー。

さてさて、
ウタさんの動向をさぐるために、
「キラキラ」聞こう。
[PR]
by thora | 2010-11-03 12:39

ライブ

・いよいよ、明日だー。ドキドキする。

■woods/real estate

ギターロックらしいインスト+
USインディらしいフワフワボーカルが特徴のバンド。


c0071920_12281254.jpg

↑woods

Brooklynぽかったー!!

にしてもだー、
会場のオシャレ率(20代だな)が半端ないっす。
カーディガンと黒ブチ率の高いところだ。
女子はマッシュボブが多し。


■Vampire Weekend


c0071920_12371851.jpg


会場は満杯!
20曲足らずで1時間ちょっとのステージ。
うーん、短い!

初めてサマソニで見かけたときの彼らのハイプな雰囲気で、
その衝撃が忘れられない、、
彼らは野外の涼しげな感じが似合う気がする。
しっかし、ボーカルのエズラ君はえらくキラキラした男子だな(同い年!)

■菊地成孔デートコース

JUDY&MARYのTAKUYAがギター出演。
いやー、菊地さんはいつ観てもかっこいい


■ルーファス・ウェインライト

これがフジロック以来のライブ。
ルーファスの二部はヒット曲オンパレードで、
豪華だったなぁ。
[PR]
by thora | 2010-11-02 09:23 | ライブレポ