<   2010年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

2010 映画ランキング10

1

ローラーガールズ・ダイアリー [DVD]

ポニーキャニオン



ドリュー・バリモアとは友達になれそう、、
と思えるぐらい、なんかこの人の描く感覚が好き!、なのでした。
ガーリッシュ、最強、最強。

2

(500)日のサマー [DVD]

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン




ズーイー・デシャネルのファッションセンス好き。
ブートレグの対談読んで以来、この映画に対する観る目が変わった気がする。。

3

トイ・ストーリー3 [DVD]

ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社



下手な実写より千倍はおもしろい。

4 キック・アス
後半、最強ーー。
タランティーノ一派って気がする(知らないけど)

5 リトルランボース
少々くさいが、でもまぁ、たまにはこういうのも。

6

フローズン・リバー [DVD]

角川映画



ハードボイルド作品。密入国をビジネスにする女性2人の友情がたまらない。

7

マイレージ、マイライフ [DVD]

角川映画



このジョージ・クルーニー、よく似合ってる。


8 ドアーズ/まぼろしの世界 ( アメリカ合衆国)
これ、よく出来てた。

9

コララインとボタンの魔女 スペシャル・エディション [DVD]

Happinet(SB)(D)



ダーク・ファンタジー、最高です。
なんか、チェコアニメっぽい香りがした。

10

渇き [DVD]

角川映画



これ、すごい。
本当はもっと上でもいいかも。
血を観るの嫌いな人はだめかもだけど、これはすごい衝撃だった。
これ映画?って、なる。

次点:
Scott Priglim

これも別の意味で映画?、ってなった。
ゲームと映画とアニメが融合したような不思議なタッチ。

冷たい雨に撃て約束の銃弾を
これ、豪快な男の友情ものって感じでめちゃくちゃいい。
銃撃シーンをもう一度観たい。



今年の映画ランキングでした。
だいたい週に1回程度見に行ってる感じですかね。。
1位・2位はもう出てくる人みんな大好き!、ってのと、ストーリーへの個人的な共感が相まる、
至極個人的な作品。

こうやって、
自分が選んだものみると、
少年少女ものが多くて、相変わらず、心が死んでないa.k.aガキなのでした。
[PR]
by thora | 2010-12-31 20:34 | 雑記

2010 読み物ベスト5

そして、
これこそ全然読んでない本のベストは
5本に絞ってみる。


1

いちばんここに似合う人 (新潮クレスト・ブックス)

ミランダ・ジュライ / 新潮社



大好きだよ、ミランダ・ジュライ。


2

長い終わりが始まる

山崎 ナオコーラ / 講談社



あなたは、私ですか? と、感じた。


3

話の終わり

リディア・デイヴィス / 作品社



あなたは、私ですか? Part.2
今、読み途中だけど、他人事だと思えない!ストーカーはしませんが、、
でもって、笑えるのがすごい。
主人公(筆者?)が振られた後の描写が細かいので、
いちいちいっしょにウッとなるのでした。

4

「結果を求めない生き方」上杉流脱力仕事術

上杉隆 / アスコム



上杉氏の著作、どれをとってもいい気がするんだけど、
この本だと、
NHK時代の話とか、秘書時代の話とか、ニューヨーク・タイムスの話とか、
生い立ちがおもしろいーー!、のでした。


5

新潮 2010年 02月号 [雑誌]

新潮社



しまおまほのエッセイ、最高。


来年はいいことあるといいなー、とぼんやり思う。
[PR]
by thora | 2010-12-29 22:47

2010 音楽ベスト10

音楽、あんまり聞いてないーーー。


ので、ベストが出せない。
が、よく聞いたCDを並べときます。
音楽生活はあんまり実りが多くない年でしたね。
あー、カニエのアルバムは割と好きかも知れない。

ジ・エイジ・オブ・アッズ [日本盤のみ 歌詞/対訳付]

スフィアン・スティーヴンス / Pヴァイン・レコード



ラスト曲が圧巻です。

言葉にならない、笑顔をみせてくれよ(初回限定盤)(DVD付)

くるり / ビクターエンタテインメント



全曲いいよなーー。

Suburbs

Arcade Fire / Merge Records



ドラマチック。


マニフェスト(初回限定盤)(DVD付)

RHYMESTER / KRE



鼓舞したい時によく聴いた。

スポーツ

東京事変 / EMIミュージックジャパン



ギターカッティングが相変わらず良し。

Learning

Perfume Genius / Matador Records



最近、聴いてないけど、すごい良かった気がする。

Realism

Magnetic Fields / Nonesuch



ちょっと攻撃的なタイトルの曲が多い気がする。
そして、You Must be Out of Your Mindとかいい。

Heartland

Owen Pallett / Domino




シャッフルして、いい曲だなー、と思うと、彼の曲だった。

シンクロニシティーン

相対性理論 / みらいrecords



全曲キャッチー。
曲調のバリエーション、広がる。

Contra

Vampire Weekend / XL



問答無用。

ねぇ(初回限定盤)(DVD付)

Perfume / 徳間ジャパンコミュニケーションズ



説明不要。

ちなみに、
ベスト・アクトは
11月3日 Perfume 東京ドーム
うーん、2月3日 Andrew Bird クアトロもなかなか。
あとは、フジロックで観たVamipire Weekendも最高でした。
USTで、観た宇多田ヒカルも良かったなーー。
[PR]
by thora | 2010-12-29 12:29 | 音楽

12月の雑文

某日

仕事、仕事。
という感じで、大忘年会には大幅遅刻。
女子が少ない飲み会ほど苦手なものはなく、究極にアウェイでした。
これに参加するなんて表明したなんて、自分でも頭どうかしてたんじゃ、、
と思いつつ、今年超活躍してた人と言葉を交わす。
うーん、売れっ子はキラキラしている。


某日

知り合いのうちでホームパーティ。
赤ちゃんと言葉になってない奇声を発して遊ぶ。なごむ。
一人(男子)が酔っ払いすぎてて、
「20代がもう終わりに近づいている」「このままじゃ結婚できない」とか、不安を吐露し始める。
「スタバで出会えるから大丈夫だよ」と、外人(スタバで出会って結婚した)になぐさめられてて、
ちょっと面白かった。


某日

トンちゃんで飲む。悪酔いする。そして、初めて
自分の酒癖は「クダを巻く」ということを指摘される。
恐ろしや。吉田豪とすれ違う。そのあと、映画「トロン」を観ながら爆睡。
なんか面白かった気がした。

某日

休日出勤。走って、「バスキア」を見に行く。
バスキアが生きていた、80年代のNYが舞台のドキュメンタリーだが、
朝食にDEAN&DELUCAを食べていたよ、そこにびっくりした。
「ハーブ&ドロシー」はいつになったら観れるんだーー。

某日

休日出勤。そして、いざオーウェン・パレット。
いっしょに行く人のチケットを郵送するというアホなミスをしたため、
もしかして行けないかもしれない、という不安を抱えつつ滑り込み鑑賞。
安堵しつつ、演奏良かったけど、アストロホールは小さすぎるなぁ。

某日

都甲幸治×岸本佐知子
めちゃくちゃ面白い。知的にインスパイアされた。そして、
たくさん書籍を買ってしまう。
そのあと、「バーレスク」
クリスティーナ・アギレラのつまらん映画だろう、と思いつつ、
シェールが出てたり、ミュージカルだし、と見に行ったけど、
うはははーー。という感じ。

c0071920_14283883.jpg

写真撮られることに興味津津。
[PR]
by thora | 2010-12-28 21:30

わりとフツー

某日

大規模に行われる忘年会への参加を決意。

ほぼ単身で乗り込む感じなので、
本当は怖いし、嫌だなー、と思いつつも、
「人見知り<好奇心<<<<<<最近、今の状況に飽き飽きしている」
という図式が成り立っているので、行くことを決意してみた。
ここ1年はそんな感じ。もう本当に“飽き飽き”しているの末期症状。


某日

下北でランチ。バーガー、ボリュームたっぷり。
歩くゴシップ女よろしく、たくさん人の伝え聞いた近況を話しました。
ハーブ&ドロシー、いこう!

夜は忘年会(上記とは別)。映画の話などなど。
最終的に終電逃し、人の実家に遊びに行く。
本とDVDとCDの山! 辛酸なめ子のサインなどを発見。

したら、自分の最寄駅で、Jack White+Graham Coxonという、
超絶的に洒落乙男子を見掛ける。シャレメン!

某日

休日出勤の足で走って、「リトルランボーズ」です(ごめんなさい 汗)
途中のマンガっぽさが鼻につきつつも、
イギリス×子ども、ってどうしてこう良い映画多いんだろう。

某日

友人と電話。忘年会しよう、と盛り上がるも、物理的に距離が遠いので実現不可能。そこで、映画「遠距離恋愛〜」みたいにSkype飲み会やろう、と約束したのでした。メモメモ←ちゃんと実現できるように。

某日

いよいよXデイが近付いているようで(クリスマスや締め切りにあらず)
連日、怒声が巻き起こるなか、仕事。そして、エビゾウ事件の矛先がまおに向かう様に、欠席裁判が行われてもいる。にしても、1月がヤバい、とみた。スルリとすり抜けたい。

そして、来年・再来年あたりは、脱アイフォンして、
ギャラクシーだとか、アンドロイド系の携帯にしようかな、と思う。
docomoから出ているスマートフォンが非常に使い勝手がよろしいようで。
今のアイフォンが壊れたら、そうしちゃう気がする。

それに、
クリスマス付近に持ち寄りホームパーティだ(@東京)
なんて、アメリカンな集まり。と思って、今のところは参加予定。


こうやって、雑記書くと、充実してるっぽいな。
がんばろう(?)
[PR]
by thora | 2010-12-12 05:36

まさかの料理記

12月某日

ハリー・ポッターを第1作から見直し始めるという、
愚行を始め、クラクラしたところで、
映画「瞳の奥の秘密」を見に出かける。
これ、すごい結末。

帰りの電車で、今までまったく料理をしていなかったのに、
なぜか突然、「食べたいもの作ればいいんじゃ」と思い始め、
自分の好きなスープを作ることを思いつく。

でもって、
かぼちゃのポタージュを作ることを決意。
(多分、意識下でハリー・ポッター→魔女→ハロウィン→かぼちゃという連想)
人生で初めてかぼちゃを切った。包丁が折れるか、
自分の手を切るかと思った。煮て漉して、、牛乳加えたらできた。
で、おいしかった。

調子に乗って、
コーンスープ、オニオンスープも作ってみるが……。
コーンスープは小麦粉がダマに、そもそも玉ねぎは好きじゃない、、
かぼちゃは奇跡の一回でした。

次は、餃子を作るのだ。

本当ただ、単に食べたいから。


某日


宇多田ライブのUST中継を、ツイッター上で知り鑑賞(しつつも仕事)
上手いし、歌が良いし、見応えたっぷりの2時間。
意外と、USTの回線って強いのね、あまりバグることなく無事鑑賞。
RadioheadのアルバムのFreedownloadの時と同じく、
(でも、その後意外と普及せず、なかったことになってる?)
宇多田レベルの人のライブがこうしてタダで見れてしまうなんて、
とりあえず喜んでみる。

で、団塊ジュニア世代女子の方と夜飯。
つい、会社の内部事情をバラしてしまいちょっこっと反省だが、
映画「仁義なき戦い」を見るよう勧められる。



某日

会社の人たちと飲み会。
なんとなく黙ってたら、そこにいた酔っぱらい(和製タランティーノみたいな人)に突然、「おまえはなんだかんだで、今のままが幸せって思ってるんだろう!」と一喝される。よく分からないけど、びっくりwマカロニ?しかも、その人は五分あとぐらいに酔いつぶれて倒れてた。
[PR]
by thora | 2010-12-09 12:29

一日の行動・日記

12月5日
ゼミの集まり

コンサバ牙城に、リボンの騎士の様な格好で臨む。
冷たい視線を浴びた気がした、、気が。


女子6:男子3ぐらいの比率で、
職業が発展途上国支援とか、海外青年協力~、とか、なんか凄い。。
そして、外国人との結婚率高いのでした。
みんな強いよー(女子が)

現役の大学生が一生懸命、就職のため情報を集め回ってるの横目に、
アメリカ人と結婚して現在第2児を妊娠中の先輩とフェミ女子(良い意味で)と、
無痛分娩の話をしてましたw
いわく、あんまり痛むことなく生まれた、そう。
で、日本ではあんまり普及していないから、第二児出産は不安とのこと。


ところが、親に聞いたところ、
自分もなんと、無痛分娩で生まれた子だと発覚(しかも、日本で)。
母曰く痛みはないけど、まったく力が入らず赤ん坊(わたし)は出て来ず、
器具で引っ張り出した、と聞かされ朝から恐怖なのでした。
[PR]
by thora | 2010-12-06 20:27 | 雑記

仕事

・そろそろまた、仕事が忙しくなってきたので、仕事しますモードに入らねば。

・2010年を振り返ると、

<仕事忙しい→しんどい→やめたいと切に願う→行動に移す→そわそわする→追いつめられる→(いつの間にか)仕事が一息つく→ものすごい勢いで遊ぶ・浪費→遊び過ぎてさっぱり忘れる→そして、再び、仕事忙しい>という、ふざけたループでした。意外と、順応しつつある。

・去年、上司に「君は学生みたいだ」と言われたけど、おそらく変ってないんだろうなぁ。

・仕事も区切りがついたらやめたい!、ので、いつもこれが最後の仕事、と思って仕事している。
そう状態がもう1年ぐらいかwと、思ったら、上杉隆の本にも同じようなこと書いてあった。
まぁ、それはジャーナリストとしてのスタンスなんですがね..

「結果を求めない生き方」上杉流脱力仕事術

上杉隆 / アスコム


[PR]
by thora | 2010-12-01 20:57 | 雑記