<   2011年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

祖父


c0071920_2365467.jpg

入院していた祖父の容体が突然悪化し、
先週の日曜日に亡くなってしまった。
土曜の夜に一命を取り留めたと聞いて安堵し、
友人と遊んでいたわたしは妹のメールで祖父の死を知る。
(しかも、映画の上映3分前ぐらい)

友人にこのメールを見せたら不謹慎だと言われつつ、笑われる。

祖父は勉強熱心で超超超懲り性な、
生真面目な人でした。
たぶん、
知りたがり&懲り性な血を受け継いでる気がする。

ずっと家に帰りたがっていたのに、
かなり衰弱しきってしまっていたので、
最後までそれが叶わず、
そこだけが本当に可哀そうだったな。。

合掌。
天国があるとしたら、
かわいがっていたわたしの叔父さん、
祖父の姉などと会えてそれはそれで楽しいに違いありません。


今月は結婚式出て、葬式も出るという、
不思議な月でした。


葬式で10年ぶりにいとこに再会。
猫可愛がりしてしまう。
19歳男子予備校生と14歳女子中学生。
ひたすら若い。

大激怒してへそを曲げた直後だったので、
14歳相手には大人な振る舞いはできなかった。
心をかたくなに閉じるあたりは、
自分もこうだったなー、と懐かしい、
と同時に適当にふるまえばいいのに、とちょっとじれったくもあった。


高校同窓会

変な感じ。具体的な結婚話ばっかりで、
それで二次会まで行けちゃうんだから不思議だ。


早くも新入社員が入ってきた。
でも、すごい社会人経験は長い人なので、
後輩だけど先輩なのだろう。
オタクっぽい女子なので、
感性が合いそうでうれしい。

さっそく、
会社の女子を「ひさしぶりにみたキラキラ/肉食系?女子の集まりだよねー」
と評していて、すごい納得した。
高校・大学のときのキラキラしてる軍団を観るような気持ちになる会社だ、そういえば。
[PR]
by thora | 2011-11-28 01:15

最近のドラマ・映画鑑賞 感想(一文で)


「ウィンターズ・ボーン」
締まった良い映画だった。アメリカ北部って感じの空気感。
「フローズン・リバー」とか、
こういう感じなのがインディでは流行してるんだなー、と思う。

「ランゴ」
最高!!!
ウェスタンをアニメショーン、
しかも爬虫類で、とか、最強、最強。
なぜかアニメショーンは傑作多いな~。



DVD・映画を羅列します。
なぜか、ラブコメばっか!


「恋とニュースの作り方」
ラブコメに見せかけて、
これは生真面目な老ニュースキャスター役のハリソン・フォードの話ですね。
「50ブロック」に続き、アメリカのテレビ番組の内幕はドラマがあって面白いなー。

「恋のはじめ方」
ふまじめに観たのでいまいち、、
ジャック・ニコルソンは良い感じだ、
あと、顎女ことリース・ウィザスプーンもまるで、
Gleeのレイチェルやあーちゃんのごとく、
前向きに頑張る女子って感じだが、
割と強い感じのキャラ設定に好感が持てる。フェミだね。

「選ばれる女になる女」
ガーリーな作風。出てくる人々、みんなかわいい。アダム・ブロディをひさびさに観た。

「メアリー&マックス」
これ最高に気に入った。

「デートナイト」
カレル×ティナ・フェイでおもしろくないわけない!

「PSアイラブユー」
ウタマルさん大絶賛だったラブストーリー。
輝いてた頃のジェラバト、キラキラしてるし、普通に良い話でした。



ドラマ
「11人もいる!」(テレビ朝日、夜23時から)
日本のドラマあんまり見る気がしないけど、
クドカンだけは見てる。
彼は無から話を作りだすのではなく、
既存のジャンルにあらゆるネタを詰め込んできてくれるので、
ボリュームが厚くて重い。

そして、これだけ言いたい。
星野源、かっこいいー。
田辺誠一、かっこいい。


「カーネーション」(NHK、朝ドラ)
朝これを見てから家を出る。
ヒロインの演技に安定感があって、
大阪弁が心地いい。
もちろん、サクセス・ストーリーなので、
今が一番洋裁の才能を生んでいくので素晴らしいです!



「アメリカン・ゴシック・ホラー」
Gleeのライアン・マーフィープロデューサーが、
アメリカでGlee3と同時に手掛けるホラードラマが、
なんと一ヶ月遅れで日本でも放送!
タイムラグがだんだん無くなってきてこれは非常に喜ばしいーー。
しかし、内容はと言いますと、
まだあまり概要がわからず、あんまりかな。。
これからかな。
[PR]
by thora | 2011-11-19 14:45

日記

旅行記を書くのにやや飽き気味。
新しい会社に入ったので入社記でも記そう。


月曜日

まず、150人弱の前で2回スピーチ。
1回目はなんなく終わり、2回目は大失敗。
直属の上司は、元新聞社の営業だったそうで、
とても快活で有能で尊敬できそうな女性。

前の会社とは違い、
人事・経理・パソコンとかさまざまな説明を受ける。

昼間は高層ビルに入ってる某高級居酒屋チェーンで、
所属チームの人々(全員女子!)とランチ。
OL、わたしはOLになったのか、と頭がクラクラ。

仕事が17時に終わり(早い!)、
面接官だったおじさんと昼間の所属チームで飲み会。
おじさんの話をひたすら聞くという、
リーマン飲み会をこなす。誰もあんまりお酒を飲まないのでびっくり。

傾きかけた会社で働くというのは、
まるで戦場にいるような気分だったよなー、と思った。
ブラック会社あるある話をする。
まぁ、ここも正直、ブラック会社っぽいのだが。
前のはブラック会社というよりも、
もはやブラックホール会社に近い。
ブラックの方がマシ、ということか。


その後、
妹と理系大学院生たちと飲み直す。
非常に落ち着く。

●火曜日

朝は9時。9時がギリギリ許容できる範囲の時間。
契約社員、派遣社員と身分がはっきりしていることに気付く。

●水曜日

月・水と結構放置プレイだったが、
本格的に仕事が回ってくる。

3日目にして残業。
けっこうこの仕事も忙しいのでした。
ってか、ちょこちょこしてる分、
やや面倒。

●木曜日

一週間が長くて飽きる。
ナショナルのライブに行こうとしたら売り切れ。
あほあほあほ!

●金曜日

大きな仕事が早くもまわってきそうに。
中途とは即戦力なのですなー、改めて。
かなりばーん、とまかされ放置プレイだよ。
こっちは手さぐり。

夜はバトルズ。
バトルズ、かっこいいの、なんの。
ひさびさに知人に会う。
1年に1回、いや2回ぐらいライブ会場で会うのが習わしだが、
よくまぁ顔覚えてるよねー、と感動。


●土曜日

仕事着を買いに行く。
みんなどこで服を買うの?
MOREとかWITHとか読んでみればいいの?
シャレ乙なOLが読むファッション誌が知りたい。

しかし、オフィスファッションの、
できれば、ギリギリの線の上を歩きたいな、など、
制服を着崩す高校生のような気分。
[PR]
by thora | 2011-11-13 22:44

Perfume尽くし!

c0071920_19593025.jpg



・PerfumeのCDをようやく、引き取りに!
ついでに表紙の「音楽と人」を買う。
Perfumeの雑誌買うのひさしぶりかなー。

スパイス(通常盤)

Perfume / 徳間ジャパンコミュニケーションズ



音楽と人 2011年 12月号 [雑誌]

音楽と人



・ついでに、最終号のPS。
あんまりPerfumeの連載読んでませんでしたが、
フィリップ・リムでみんなでお買いものとか、PSの範疇超えてませんか、
ってか、やっぱりセレブ。

PS (ピーエス) 2011年 12月号 [雑誌]

小学館


[PR]
by thora | 2011-11-06 19:56

ニューヨーク旅行記2011 02

28日
c0071920_26471.jpg


晴れてくれー、という願いが通じてか見事な快晴。
目的のブルックリンへ向かう。
まずは、ブルックリン・ミュージアムへ。
一階でやっていたのは、
Timothy Greenfield-Sanders: The Latino List」という、
各界の著名なラテン人の写真が飾られているもの。
ラテン芸能人(しか知らないので、、)多いし、
ピットブルの前で写真を撮っている地味な女の子がいた、、、

そして、現在国立西洋美術館でやってる「モダン・アメリカ」に似ていた、
5階の「Youth and Beauty: Art of the American Twenties」へ。
20世紀をキーワードと年代で分け、けっこう見ごたえあった。
近年、アンディ・ウォーホールのみ異常に特化したポップアートが流行ってるが、
1920年代ぐらいにもずいぶんポップアート的な商業的なアイコンを使った絵が描かれていたのだな。肖像写真がとてもいい。

最後に、
地元若手アーティストを応援する企画「Raw/Cooked: Kristof Wickman」へ。
それと気づかないセクシャルなオブジェクトの多い作家だった。

c0071920_2322291.jpgなーんて、アートを鑑賞して、
高級住宅のパークスロープのBKLYN LARDERというデリへ。
超おいしいチーズサンドを買う。

そして、Twitterで知ったクレープ屋さん。
韓国人のバイトの男の子がシャレオツでした。
アップルシナモンを食べる。

そのまま、バスでAtlantic Avenueへ。
ひたすら巨大な通りのこの道を散歩。
洋服や、ジョナサン・アドラーの店で小物と「TAKE IVY」の写真を買う。お得!

最後は、カフェ。
再来することはないかも、と思いつつも、スタンプカードを作ってくれる。
地元のおじいさんが二人が言い争う感じもなんか良い店だった。
ぼーっとしていたら閉店までいてしまった模様。
[PR]
by thora | 2011-11-06 02:36 | 旅行記

ニューヨーク旅行記2011 01

事前に、
(あー、ひとり、あー、ひとり)などと思ってのですが、
ひとり旅行は楽なんですね。
楽しさが共有できないのだけが、ちょっとさみしい気がしましたが、
ニューヨークの人はおしゃべりな人が多いので、
いろいろ話せて楽しかったです。

でも、残念ながら写真が全然ないのです。


26日 c0071920_23134359.jpg
17時ごろ、現地ニューアーク空港到着。空港からホテルまでの移動って、いつもタクシーやら鉄道やらを使うが、今回は乗り合いバスに挑戦。安いんだけど、これ2時間ぐらいかかって最悪。
ホテルは、Upper West Sideにあるアパート。
ベッドの横にぼーんとキッチンが!

Terminal5というライブハウスに移動。
Friendly Firesを鑑賞。
ボーカル、エド・マック(ちょっと太ったね)のダンスがはじける感じがよかった。

なんとなく、
地下鉄怖い気がしてしまい、20ブロッグほど歩く酔狂を。

27日c0071920_23243087.jpg
朝、起きて、ZABARSという名のユダヤ系スーパーへ。
食料を大量に買い込む。
オレンジジュース、6種類の豆サラダ、かぼちゃスープなどを購入。

自室で調理(温めw)した朝食後、
外に出ると、、、、、劇寒。最低気温2度、最高気温8度。

c0071920_1431596.jpg
マンハッタンから出るのやめて、主に冬支度のため買い物。手始めにマフラーを買う。
途中で、雨が降ってくる。
野外の公園にあるSHAKE SHACKで凍えながらハンバーガー購入。

そして、
近くの新観光スポットEATALYというイタリア料理専門のフードコートへ。
(ってか、EATALY、すごいな~、とか思っていたら、
東京に8店舗ぐらいあるではないか!)

パスタ、生ハム、ワイン、イタリア料理の食材が、
おしゃれに美しく飾られている店内が印象的でした。
イタリア料理本のコーナーにグウィネス・パルトローの料理本あったよ!
疲れ果ててコーヒー飲みたいな、、と思いつつ、店内はゲキ混みなので、
結局、DEAN &DELUCAに移動して、コーヒーを立ち飲み。
駆けずり回って、3件目のお店で理想的コートを買う。(結局、ユニクロというオチ)
[PR]
by thora | 2011-11-05 01:29

お知らせ


さてさて、
●リアル友人のみなさま●

Facebookを初めてみましたので、
もしご興味あれば検索くださいませ。


●ブログを読んでいただいてるみなさま●
(いるのかは謎ですが、、)

でも、現実の人間関係は大の苦手で、
匿名大好き!みたいな感じなので、

Facebook<<<<こっち(ブログ)
だと思いますので、
これからもお付き合いいただければうれしいです。
[PR]
by thora | 2011-11-04 01:41 | 雑記