ガーリー小説漁り(海外名作)2

オレンジだけが果物じゃない (白水Uブックス176)

ジャネット ウィンターソン / 白水社




岸本佐知子さん、翻訳シリーズを読めばほぼ間違えないのだな、
と改めて確信しました。これも、おもしろいー。

狂信的なキリスト教徒の母親に育てられた少女が、
何の疑問も持たずに宗教に肩入れしつつ、
次第に成長するにつれて周囲との違和感を感じつづける。

主人公が恋した相手が女子で、
それが周りにばれてしまい、

主人公が狂信的と感じる母親も、
どこかユーモラスに描かれてて、いいね。
[PR]
# by thora | 2011-09-13 20:43

ガーリー小説漁り(海外名作)

ベル・ジャー (Modern&Classic)

シルヴィア・プラス / 河出書房新社




シルヴィア・プラスは以前、映画『シルヴィア』をみたっきり。
映画自体は微妙なできなものの、
彼女のモノローグ部分の詩が印象的で、
いつか読みたいなとぼんやりと思ってから早6年!

彼女が唯一残した長編小説『ベル・ジャー』は、
優秀だけどどこか心の闇を抱える女子大生エスターが主人公。
小説は、彼女がNYの出版社でインターンとして夏を過ごすところから始まる。
いかにも、アッパーでイケてる女子たちに囲まれ、
能力面では彼女たちに劣らないと思いつつも、
地方から出てきたことなどどこか気おくれを感じているエスター。
せっかく勝ち取った念願のインターンであるはずなのに、
一番の不良?っぽいドリーンと遊びまわってしまい、
あまり能力が発揮できないまま、インターンが終わってしまう。

NYからボストンの実家に帰ってきた彼女は徐々に精神に異常をきたし、
ついには自殺未遂を図り、
精神病院に入院することになって……。


本作は、
『キャッチャー・イン・ザ・ライ』の少女版で、
アメリカでは今でも多くの少女に読み継がれる名作として謳われており、
まぁ、女の子の自殺願望という点では名作なんだろうけど、
どんなに勉強できたって女の子はお嫁にいくしかないんだ、
自分にも相手にも純潔であることを強く望んでしまうことやらは、
少々古臭く感じてしまうし、
女性の社会進出が著しいアメリカではそんなこと、とっくに乗り越えてるんじゃないの、
と思ってしまうよ。恋愛面でもしかり。

そんなことを思いつつも、
読むのをやめられなかったのは、
日本ではいまだに前者の問題を突きつけられるからだよね。。

小説は良い終わりかたするけど、
シルヴィア・プラスは30歳になって、
夫の浮気、貧困やらに悩んでガスオーブンに頭を突っ込んで、
結局死んでしまうなんて、哀しすぎる。



---------------------------
今は↓を読んでいます。

オレンジだけが果物じゃない (白水Uブックス176)

ジャネット ウィンターソン / 白水社


[PR]
# by thora | 2011-09-09 20:37 |

近況。

いろんな雑事にかまけて、
時間はいたずらに過ぎていくばかり。

それに、なぜかやる気がどうしても起きない。
(世間体は超悪いものの、いまの状態がたいへん居心地がいいため)。


闘志をわけてもらうため、
しつこくてすみませんが、これ。



[PR]
# by thora | 2011-09-09 17:29

なにか意味があると邪推しちゃう。

毛皮のマリーズが解散アルバムを発売する日に、
女王蜂がメジャーデビューアルバムを発売する。
[PR]
# by thora | 2011-09-06 17:20

最近、気になったものなど。



大人計画の女優さん、平岩紙にずっきゅん、でした。
大人計画ってこう、ぶちゃかっこいい、ぶちゃかわいい(誉めてます)人が多いよなぁ。
ダメだー、かわいすぎる。I can't stopの二度目の振り付けの時が特にヤバい。



この調子でいい曲出してれば、また売れるんじゃ、、
がんばれ!
飲み会でよく知らない人に何のアイドル好きだった?と聞かれ、
V6(小6ぐらい~中1ぐらいの時、今思い出してもひくぐらい好きだった)って答えたら、
「岡田君、好きそーー」と大爆笑された件を思い出す。



いい曲ですね☆
[PR]
# by thora | 2011-09-03 00:57

観察

ひょんなところから、
知り合いにゲイの集まるクラブ(音楽のかかるほう)に連れて行ってもらう。

別世界だねぇ。
(でも、変な外人のオヤジに絡まれてクサくてキモくて泣けた)
「ここはゲイクラブだから!」と給仕の兄さんがやんわりと注意。助かった。。


レズおしゃれ女子に「素質ゼロ」と見た目(かなりのコンサバスタイルで行った)で判断され、
そんなもんかー、と思った。流れてたのは、Jloとか、なんていうか、
USATOP100みたいなもの。正直、つまらない。。。

冷やかしの2人の男女もそれぞれに声をかけられていた。
とくに、男子は半泣き状態で、帰りたいと切実に訴えてきたので、
早々に退散しましたとさ。

終了!
[PR]
# by thora | 2011-08-25 00:26

誰でも美しくなれる10の法則

誰でも美しくなれる10の法則 全米No.1ファッションアドバイザーが教える

ティム・ガン / 宝島社




大好きなティム・ガンの本の邦訳版でました!
もう少し、映画のタイトルなど、
丁寧に訳してくれてもよかったのになぁ、などと思ったりもするが、
とりあえず、日本語で読めるだけでありがたい。

内容は、、
もちろん美しくなるための10カ条!
洋服のワードローブの構成のことはもちろん、
姿勢や歩き方(当たり前だがこれが大事)、
髪の毛(24時間身につけるのだから、できるだけお金は惜しまないこと!)など、
実用的なこともなるほどね、となるけれども、

一番おもしろいのは、
ティム・ガンの気のきいた語り口。
その点では、「イノセント・ガールズ」の類著だね。

ソフィア・コッポラを「いっそ無視してやりたいほど恵まれた人間(でもおしゃれ)」と評したり、
今のアメリカのティーンエイジャーがドクロやバンドTシャツを着ている現状を
「倦怠感を必死でアピールする窮状は深刻」などと辛口w


ほかにも、
ファッションメンター(自分なりのスタイルと個性を持つ人)を探して目指せとか、
スタイルを磨くための映画や人物を紹介してくれたり、と、
すごい勉強になる!
[PR]
# by thora | 2011-08-22 22:37

いろいろ


たまには雑記でも。
香川に行った日記をまだ書いていない。

観たい映画:「スーパー」「モールス」

買いたいCD:もろもろ

読まねばなるまい本もたまっているし、
旅行したいし、
車の免許ほしいし、
やらねばなるまいし。

フジロック、サマソニ、旅行が終わると、
夏が終わったね、という感じだな。
[PR]
# by thora | 2011-08-15 22:30

Summer Sonic 2011

(総括)
サマソニは2年目ぶりの参加。

The StrokesやBEADY EYEが来るというのに売りきれなかった1日目。
とても不思議。首から下げる紐なくなったり、出店減ったり、経費削減を感じました。

2日目はgdgdでした。大いに反省。
来年行くとしたら、きちんと見るぞー。



●1日目
c0071920_20315697.jpg最初は、まずOFWGTAK(@SONIC STAGE)。初めて聴いたが、かなり不思議なことになってるHIPHOP集団。クレープを食べて、MOUNTAIN STAGEに行くと、40分前なのにすごい人ごみ!みなPERFUME待ち。入場規制がかかったとか。ちょっと遅れて出てきた3人はオレンジの衣装。いきなり、『FAKE IT』から!そして、『ねぇ』、『レーザービーム』と新曲が続いたところで、お決まりの挨拶。あーちゃんの安定したMCっぷりは相変わらず、しっかりしてて感心しちゃう。『微かなカオリ』や、ひさしぶりだという『Baby Crsing Love』、それに『ポリリズム』『ジェニーはご機嫌斜め』『チョコレイト・ディスコ』。フェスのセットリスト、最高! なぜか、RYE RYEを見ながらしばし爆睡。RAINBOW STAGEのMILES KANEをはいかにもイギリスのヤン系の若者に見えながら、なぜかものすごい渋いロック。そして、待ちに待ったDEATH FROM ABOVE 1979。世界で一番かっこいいベージスト!!! 「天からの死、天からの死」「ヤバい、ヤバい」となぜか日本語を連呼するセバスチャンでした。バスで移動して、ずっといってみたかったBEACH STAGEへ。c0071920_21442099.jpgARESTED DEVELOPMENTを。いままでいた会場とはまったく違う海沿いの素敵な雰囲気。そして、いよいよマリンスタジアムでThe Strokes!!!!  二度目。演奏は完璧、新しいアルバムの出来も悪くない。しかし、1枚目・2枚目のアルバムの曲の盛り上がりっぷりはやっぱり半端ない! 踊り狂う大学同級生を発見。声をかけようかと思いつつ、彼女は踊りながら前に消えて行きました。KORNを観たいという若者に付き合う。へヴィメターー。


●2日目
c0071920_20443370.jpg前日遊びすぎたために、まさかの大遅刻。The Morning Benders、DEERHUNTER、METRONMY、どれも飛ばすあほっぷりに涙。いまも自分を責め続けております。はぁぁ。POP GROUPさえ間に合わず、しょうがないので、お気に入りのBEACH STAGEでLittle Barrie。そして、Bootsy Collins。フジロックについでの二度目のBootsyは相変わらず、星型のサングランスに、星型のギターで超イカしている! 最後まで見てしまう。空が夕方から夜に、とてもきれいな時間帯でした。移動して、MOUNTAINで、P.I.L。ジョニー・ライドン、ちょっと太ってるけど、相変わらずパンク。次のステージの少女時代のために、どんどん人が集まっていく。X JAPANは完全に無視してしまったが、レッチリはスクリーンで少し鑑賞。あんまり……。そして、SONIC STAGEで、SUEDE。かっこいいね、ブレット。
[PR]
# by thora | 2011-08-15 20:35

映画BAR

渋谷にある映画バー「八月の鯨」に行ってきました。

住所・評判等々(食べログ)
http://r.tabelog.com/tokyo/A1303/A130301/13001917/

映画好きな人なら必ず楽しめるバーで、
メニュー表には映画の名前がずらり。

おいしかったけど、
ビールとは違った酔い方するので、
最後に飲んだ自分のカクテル名が思いだせない。うーん。

恋愛映画のカクテルは苦く、
ラブコメ映画のカクテルは甘く飲みやすい。
古典クラシックは、渋そうなお酒多かったなー。

また行きたい。

c0071920_14523137.jpgc0071920_1555850.jpgc0071920_1573633.jpg

c0071920_14524686.jpgc0071920_14525667.jpgc0071920_15115754.jpg


(左上)『キック・アス』、『塔の上のラプンツェル』、『時計仕掛けのオレンジ』
(左下)『雨に唄えば』、『(500日)のサマー』、『オズの魔法使い』
[PR]
# by thora | 2011-08-15 15:20